パスポートはアフリカ旅行に行く何日前に用意すればいいの?

安心してアフリカ旅行をするために早めにパスポートを準備

仕事やハネムーンなどで、アフリカ旅行が決まった場合、海外への渡航ですのでパスポートが必要になります。パスポートは出発当日までに準備ができていれば問題ありません。これは海外旅行や航空券を予約する際に、パスポートの提示を求める航空会社が減っているからです。ただし、滞在先の国や航空会社が事前にパスポートの情報を求めてくることがあります。

そのため慌てて準備をするのではなく、出発の1週間前までに準備しておきましょう。アフリカ旅行当日のパスポート提示にはリスクがあります。搭乗手続きや入国審査に時間がかかることもあるため、トラブルに巻き込まれることも考えられます。スムーズにアフリカ旅行を進めるため事前にパスポート情報を入力しておきましょう。

旅行代理店を通す、予約時にパスポートの提示が必須な航空会社であるなら出発の1~3週間前までに登録を求められます。さらに早い時期からパスポートの提示を求められることもあります。旅行代理店、航空会社等に確認し早めにパスポートを用意して下さい。ビザが必要な場合も早めのパスポート申請は必要です。

アフリカ旅行の際はパスポートの残存期間も確認しましょう

パスポートには5年間、もしくは10年間の有効期間がありますが、数ヵ月残っている場合があります。残存期間が足りない場合、出入国できず飛行機に乗ることができません。乗り継ぎ地の国の残存期間が足りない場合、日本に強制送還される可能性もでてきます。

チケットも当日キャンセル扱いとなりお金がほとんど戻ってきません。国によって必要な残存期間は違い、アフリカ旅行でも地域によっても差があります。南アフリカ共和国では30日以上、モロッコでは3ヵ月以上ですが他の地域では6ヵ月以上です。6ヵ月以上を目安にして下さい。残存期間が1年未満の方は、パスポートの更新をすることでアフリカ旅行を余裕をもって楽しむことができます。

パスポートを更新し受け取るまで6日間かかります。土日祝日が間に入るようですと、さらに日数がかかるため受取日を計算し余裕をもって更新して下さい。更新のために必要な書類もあるため早めに用意しましょう。

まとめ

パスポートは当日に提示すれば問題ありません。ですが搭乗手続きや入国審査に手間取ることがあるため、事前に航空会社のHPにパスポートの情報を入力すると良いです。事前にパスポートの情報を求められる場合、1~3週間前であることがほとんどですが早めに準備しましょう。

現在、パスポートを持っていたとしても有効期限が足りないこともあります。6ヵ月以上が目安ですが、パスポートの有効期限が1年未満の方は、事前にパスポートの更新をすませてアフリカ旅行に出かけましょう。